2008年5月14日

ロンドンの配管(10)

ロンドンの配管(10)

ロンドンの配管
ガスも水もお湯も全て銅管です。
日本では、以前は水道は銅管でした。

ガスはフレキ管といって、ジャバラ状になっている銀色の管に腐食防止のクリーム色の保護材が巻いてあります。
外国の水周り事情は、あまり進んでいません。
水圧が足りなかったり、お湯がなかなか出なかったり、シャワーの途中でお水になったり、トイレが詰まったり・・・
ウォッシュレットなんて見ません。
便座が温まっている「ウォームレット」すらないですよ・・・

ちなみに日本の配管です。(屋外)
給湯器途中
給湯器の配管の途中です。
お水から赤錆が出たり、凍ってしまったりするので、今では塩ビのパイプにピンク色の保温材が巻いてある管を使います。
金属の管ではないので、さびが出にくいんです。

給湯器配管終了!
最後はこんな感じです。
凍結しないように、さびが出ないように、壊れにくいように今の時点で一番いいと言われている方法で施工しています。
こういうところにも新しい物好きの日本人と、ちょっとくらい使い勝手が悪くても古い物を大切にする英国人との違いがあるのかもしれませんね。

☆...*・゜゚・*:.。..。.:*・゜・*:.。. .。.:*・゜゚・*!☆☆...*・゜゚・
山梨県甲府住宅・住まいのリフォーム・介護リフォーム
網戸・手すり取り付け・バリアフリーリフォーム・エアコンクリーニング ガス・灯油 

しろくまのリフォーム110番!橘田燃料住設店
Tel: 055-233-3361
Mail: info@kitta-nenryou.com
☆...*・゜゚・*:.。..。.:*・゜・*:.。. .。.:*・゜゚・*!☆☆...*・゜゚・

comments

こんにちは。
山梨も、凍結防止が重要ですね。
上越も、少し凍結防止が必要な地域です。
雪は、それ程冷たくならないので。
思ったほど、凍結はしないようです。

  • あい
  • 2008年6月 5日 17:06

おはようございます。

せっかくロンドンに行ったのに、
仕事を忘れてゆっくりしてくれば良いのに!!
こういう所に目が行ってしまうのは、
やっぱ職業病みたいなものですかね~

進んでいるようで進んでいないんですね!!
外国の方が最先端行ってる気がするんですが・・・
日本に生まれて良かったですwww

>あいさん
>雪は、それ程冷たくならないので。
思ったほど、凍結はしないようです。

へぇ!
そうだったのですね!
山梨は必ずと言っていい程、凍結します;

>よしむねさん
>こういう所に目が行ってしまうのは、
やっぱ職業病みたいなものですかね~

あはは!
そうかもしれませんね。
しかも今回は父:くまさんと一緒だったので、こういう話題が共通なもので・・・
仲の良い親子でしょ?(笑)

>進んでいるようで進んでいないんですね!!
外国の方が最先端行ってる気がするんですが・・・
日本に生まれて良かったですwww

そういう気がしますよね?
でも本当に日本が2位を大きく離して最先端を突っ走っている感じですよ。
一般家庭にウォッシュレットなんて考えられませんもの!
ロンドン三越にもウォッシュレットないですしね。

恵那のホテルにいます
こういうホテルの配管どうなっているんだろう

多分2部屋でペアになって設計されているのではないだろうか

こうやって比較すると
両国の考え方の違いが謙虚ですね
どちらがいいかなぁって
そりゃ日本がいいに決まってます

さすが、仕事柄でしょうか?
見ているとこが違いますね。
私も、つい食べ物チェックしてしまいますもの。
自営業って、頭にも、体にもしみこんじゃうものなんですかね?

>加藤先生
>多分2部屋でペアになって設計されているのではないだろうか

間取りが左右対称になっていますものね!

>八ヶ岳の青い月2 さん
>こうやって比較すると
両国の考え方の違いが謙虚ですね
どちらがいいかなぁって
そりゃ日本がいいに決まってます

あはは!
ハッキリしていてえいです!

>藍ちゃんのママ さん
>さすが、仕事柄でしょうか?
見ているとこが違いますね。
私も、つい食べ物チェックしてしまいますもの。
自営業って、頭にも、体にもしみこんじゃうものなんですかね?

やっぱりママさんもそうですか?
ついつい目が行っちゃうんですよね~!