2011年11月25日

のんちゃんのお墓

のんちゃんの遺骨を、
うちの人間のお墓に一緒に入れたいと思っていました。

でも、ネットで調べると人間とは一緒に入れられないお墓が多んです。

「犬はダメです」って断られるとショックなので
住職さんに聞きに行くのをためらっていたのですが、
お母さんの月命日にお墓に行くついでに聞いてきました。

うちのお墓は
武田信玄の正室:三条夫人のお墓がある
円光院さんなのですが、
「いいですよ。家族ですものね。一緒に入っていらっしゃる方もいますよ」
と快諾してくれました。
もし、一緒に埋葬してもらいたいのに他のお墓で断られたという方、
相談してみたら?

これでずっとのんちゃんと一緒にいられます。

うっちーに
「私の方がうっちーより先に死んだら、
のんちゃんを横か前に置いてね」と遺言しておきました。
でも、今はまだ手放せなくて、しばらくは家に置いておこうと思います。

ついでにテレビでスキンバンクというのを見たので、
保険証の裏の臓器提供意思表示の特記欄に「皮膚」も追加しました。

人間も、わんこも
亡くなる時には簡単に亡くなってしまうような気がします。

「死にたいのに死ねない」って言う人は、
まだその時期じゃないんですよね。

そして、いつ、その時期が来るか分からないので、
「ここにはこれがあるからね」とか
「何かあったら、これをこうしてね」というのは伝えてあります。

きっと、そういう話題は避ける傾向にあると思うのですが、
聞いていないと、自分がなくなった後、
家族が困ることになるので。

「あなたがただなんとなく生きた今日は、
昨日死んでいった者があれほど生きたいと願った明日」

(「カシコギ」という韓国の小説に出てくる一説です。
ひとりの父親が白血病のわが子の手術費を工面するために最後は自らの角膜まで売ってしまうという、深い人間愛の話です。)

☆...*・゜゚・*:.。..。.:*・゜・*:.。. .。.:*・゜゚・*!☆☆...*・゜゚・
山梨県甲府 太陽光発電・キッチン・浴室・トイレ・介護・ペットリフォーム
ガス・灯油 給湯器工事・網戸・カーテン

橘田燃料住設店ホームページへ
浴室リフォーム特急ホームページへ
Tel:0120-48-4690(フリーダイヤル)055-233-3361
Mail: info@kitta-nenryou.com
☆...*・゜゚・*:.。..。.:*・゜・*:.。. .。.:*・゜゚・*!☆☆...*・゜゚・

ランキング参加中!
↓ポチッとな♪

にほんブログ村 住まいブログ 水まわりリフォームへにほんブログ村 住まいブログへにほんブログ村 住まいブログ 介護リフォームへ